設計変更や緊急改造にも敏速に対応可。鋳造、型製作工場。

株式会社クリタ

本社・本社工場

本社・本社工場

〒793-0046 愛媛県西条市港1-1
TEL.0897-56-2016
FAX.0897-56-5001
IP.050-3538-2016
URL: http://www.kurita-cast.co.jp/
敷地:10,060m2
建物:5,280m2
人員:35名
 
鋳造および型製作工場です。
造型ラインは3ラインあり、小物は量産から試作小ロットまで対応できます。鋳造は毎日行なっております。年間生産能力は5,000トンです。また、ISO9001認証取得時期は鋳物工場としてはトップクラスです。
2001年1月より「型製作課」を設けました。設計変更や緊急改造にも敏速に対応できます。自社内一貫で型の製作から鋳造まで手掛けることのできる工場です。
工業専用地域に立地し周辺環境に恵まれ、周囲の開発による操業制約はありません。
 

臨海工場

臨海工場〒793-0042 愛媛県西条市喜多川853-18
敷地:5,050m2
建物:1,320m2
人員:8名
 
各種機械加工の工場です。
2000年6月に600㎡の増築完成、8月に機械加工設備移設、9月より操業を開始しました。一人で複数台の機械を同時に担当し、生産性を高めているのが特徴です。今後、自社鋳物の加工比率を高めて、一貫生産の部品メーカーとなるのが目標です。
 

交通アクセス

自動車 松山自動車道 いよ西条インターチェンジより約7.4キロ 約13分
JR予讃線 伊予西条駅下車 約3キロ 車で約8分
航空機 松山空港より自動車+電車で約90分
船舶 大阪南港発の四国開発フェリー(オレンジフェリー)で東予港より約6キロ 約10分
 

 

輸送アクセス

出荷便 クリタより夕方積み込み
 愛知県以西は翌日着、 静岡県以東は翌々日着が目安となります。

資本金:

8,100万円

代表者

代表取締役社長 栗田陽一

社員数

43名

所属団体

西条鉄工団地協同組合
協同組合愛媛臨海団地
社団法人日本鋳造協会
 

事業内容

鋳物部品製造 型製品から鋳造、機械加工まで行います。
 
【取扱材種】
普通鋳鉄 FC150~FC250  球状黒鉛鋳鉄 FCD400~FCD700
各種合金鋳鉄  鋳鋼品取扱
 
【鋳造用型製造】
アルミ金型 鋳鉄金型 木型
 
【機械加工】
マシニングセンター加工 NC旋盤加工等
 
【主要用途】
エンジン用鋳鉄部品 輸送機械用鋳鉄部品 上下水道用鋳鉄部品
繊維機械用鋳鉄部品 農業機械用鋳鉄部品 電動機用鋳鉄部品
鉄道用鋳鉄部品 建設機械(油圧装置)用鋳鉄部品
その他、各種産業機械用鋳鉄部品

 

会社沿革
  • 1935年2月 愛媛県西条町(現西条市)大町にて「栗田鋳造所」創業
  • 1937年1月 住友機械工業株式会社(現住友重機械工業株式会社)協力工場となる
  • 1949年9月 「栗田鋳造株式会社」を設立
  • 1968年7月 住友重機械工業株式会社名古屋製造所開設に伴い、愛知県知多郡東浦町に機械加工を主とする「名古屋工場」を開設
  • 1971年12月 「西条鉄工団地協同組合」(西条市港)へ本社工場を移設
  • 1974年5月 DISAMATIC2013高速造型ラインを導入
  • 1982年10月 「協同組合愛媛臨海団地」(西条市喜多川)に「臨海工場」開設
  • 1988年5月 本社増築。村田機械株式会社犬山工場よりHMP造型ライン移設
  • 1990年5月 「株式会社クリタ」へ社名変更
  • 1990年7月 名古屋工場にマシニングセンター2台増設、精密機械加工を開始
  • 1991年3月 本社工場に2ton高周波誘導炉1基増設
  • 1992年12月 情報化システム導入
  • 1995年8月 HMP造型機をFBO-Ⅱ造型機にリプレイスし、能力を増強
  • 1997年3月 フラン自硬性造型設備を導入、大物分野へ進出
  • 1997年3月 労働省(現厚生労働省)より「快適職場推進事業所」の認定を受け、同年屋内集塵機を新設設置
  • 2000年1月 財団法人日本規格協会にて「ISO9002」の登録を受ける
  • 2000年10月 「名古屋工場」における業務を「臨海工場」に全面集約
  • 2001年1月 「型製作課」を新設し、木型・金型の社内製作を開始
  • 2003年1月 財団法人日本規格協会にて「ISO9001」の登録を受ける
  • 2005年3月 本社工場に屋外集塵機を新設設置
  • 2006年5月 本社工場DISAMATICライン クーリングドラムを新鋭機にリプレース
  • 2006年9月 臨海工場に新鋭複合加工機を導入
  • 2007年8月 工場南側の「喜多川橋」と「市道駅前干拓地線」開通
  • 2007年8月 3.5t低周波炉を撤去、3.0t高周波炉を新設設置
  • 2008年5月 財団法人日本規格協会にて ISO14001の登録を受ける
  • 2008年7月 フラン自硬性による鋳造を終わる
  • 2008年10月 DISAMATIC高速造型ライン造型機交換
  • 2009年5月 DISAMATIC高速造型ラインに自動注湯機を追加設置
  • 2016年10月 FBO-Ⅱ造型ラインをFCMX造型ラインへ更新

 
本社から臨海工場を